大学校及び設置科 沖縄職業能力開発大学校制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 ディジタル回路、マイコン制御実習、メカトロニクス実習、CAD実習?、機械加工実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械設計・加工技術、PICマイコン制御、回路基板制作技術、C言語プログラミング技術、モータ制御技術

製作の目的と概要

専門課程で学んできたマイコン制御実習を中心技術として、人が乗用できる機器の製作をテーマとして挙げています。今回、担当学生が選んだテーマは、「電動キックボードの製作」でした。電動キックボードは通常、人が地面を蹴って加速し、軽量さとハンドル操作で軽快に走行でき、スケートボードと並ぶ人気があります。このキックボードを電動化することで、地面を蹴るといった身体的な負担をなくし、より楽しい乗り物の実現を目標に製作を開始しました。
★技能・技術習得目標:
本体の設計を3次元CADで行い、CAD上での検討を行いました。また、モータ制御が中心となりますので、モータの選定で必要な技術計算を行い、それを制御するPWM制御の仕組みやプログラミング方法を習得します。また、制御にはPICを使用しましたので入出力の設定やAD変換の設定など技術習得も行いました。

成果

本体は完成し、各種テスト走行を行うことができました。製作過程では、モータやギヤの配置の検討を行い、また、アクセル機構の考案など様々な工夫を凝らしました。ただ、本体重量が重くなってしまった為にキックボード本来の軽快感が失われてしまったので、軽量化の検討が必要であることを実感したようです。
★アピールポイント:
体重が130kgの人が乗っても走行できます。登坂角度約9度でも減速することなく走行できます。走行スピードは4.3km/hであり、安全な速度で走行できます。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
 電動キックボードの製作(H23)の画像1
図1 CADでの設計
 電動キックボードの製作(H23)の画像2
図2 外観
 電動キックボードの製作(H23)の画像3
図3 テスト走行