大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校 附属秋田職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電気・電子回路、センサ工学、ディジタル・アナログ回路技術、マイクロコンピュータ工学、組込み機器開発に関連する教科・実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して、組込み機器開発、センサ工学、ロボット工学などの知識、技術を習得します。

製作の目的と概要

近年、サービスロボットが注目され福祉サービス、エンターテイメント分野などにおいて活用されてきています。本課題では、ワイヤレスネットワークを用いた、低コストかつ短期間に製作可能な移動ロボット・プラットフォームを製作し、オープンキャンパスなど各種イベントにおいて活用することを目的として取組みました。
★技能・技術習得目標:
課題を通して、無線LANを使用した機器の遠隔制御、総合的なシステム開発の技術を習得します。

成果

ワイヤレスネットワークを活用した移動ロボット・プラットフォームを開発し、高等学校のキャリア教育支援(3校)、オープンキャンパス等で施設案内のデモンストレーションをおこなった。音声認識や動体検知などの機能を持たせることが可能です。
★アピールポイント:
オープンキャンパスやポリテクニックビジョンにおいて施設案内のデモンストレーションをおこない、参加した生徒に楽しんでもらうことができました。それにより電子情報技術科に入校を決めた学生もおり、募集活動としても有効でした。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
ネットワークを用いた移動ロボット・プラットフォームの開発(H23)の画像1
図1 製作したロボット
ネットワークを用いた移動ロボット・プラットフォームの開発(H23)の画像2
図2 システム概要
ネットワークを用いた移動ロボット・プラットフォームの開発(H23)の画像3
図3 施設案内の様子