大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校 附属新潟職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 基礎製図、機械製図、機械要素設計、機械設計製図、CAD実習(?・?)、機械加工実習、数値制御(?・?)、数値制御加工実習(?・?)、CAD/CAM実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械製図、CAD/CAM技術、汎用工作機械(旋盤・フライス盤)、NC工作機械(マシニングセンタ、ターニングセンタ、ワイヤ放電加工機)

製作の目的と概要

近年、風力や潮力による発電の実用化等、様々な環境負荷の小さいエネルギー源活用の研究・開発が進められています。その一つとしてスターリングエンジンがあります。
本課題では、“環境”、“ものづくり”をキーワードにスターリングエンジンの製作を通して、ものづくりの楽しさや難しさ、その構造および発展性等を理解します。また、設計から試作・評価までのものづくりの一連の流れを通して、製図、加工技術の向上を図ることを目的としました。
★技能・技術習得目標:
課題を通して、設計・製作・組立・評価の総合的な実践力を身につけます。特に、製作工程において各種工作機械の技術・技能を習得します。

成果

模型エンジンの製作からテクノラリー大会参加のための小型車両、大会後のラジコン操作可能な車両の製作をそれぞれ行いました。製作するスターリングエンジンそれぞれについて製作目的と期日を明確に設定することで、技術・技能の向上はもちろん、スケジュール管理の重要性を学ぶことができました。
★アピールポイント:
スターリングテクノラリー大会への参加は、学生にとって自分達の製作車両をアピールすることだけでなく、他の参加者との意見交換を通して、新たな発想・製作意欲を得ることができる機会となりました。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
スターリングエンジンの製作(H23)の画像1
図1 大会参加車両の外観
スターリングエンジンの製作(H23)の画像2
図2 RCエンジンカーの外観