大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校居住・建築システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 木質構造施工・施工管理課題実習、応用構造力学、構造解析、施工実験
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

構造設計技術、耐震設計技術、木質構法

製作の目的と概要

建築基準法での木造住宅の耐力壁における柱脚部の仕口接合部仕様は大まかに規定されているものの、実際には地域の特色や大工の経験・勘などで細かく異なっていることが現状です。特に伝統的工法に用いられる土塗壁の施工法は様々で、各地域の風土に合わせたものになっています。そこで本課題では、福岡県で実際に使用されている土塗壁の仕様についてアンケート調査を行い、その調査から柱脚仕口接合部の試験体の作成を行いました。またそれらの試験体について引張試験を行い、その結果から福岡県仕様の仕口接合部の耐震性能評価について明確化することを目的としました。
★技能・技術習得目標:
本実習をとおして在来軸組工法住宅の耐震性能技術の習得を目標としています。そのために構造躯体となる木材及び木質材料の特質の理解した上で、特に地震時などの水平力作用時に各構造部材が力をどのように伝達するのか理解を深めます。そして木造住宅の特徴でもある木材の架構方法および接合方法の基本的な知識・技術を習得し、それらの耐震的要素実験から在来軸組工法住宅の構造設計法を理解します。

成果

現行の基準法によれば、壁が本来の性能を発揮するためにはその仕様に応じた柱脚の最適な固定方法を選択することが前提となっています。福岡県内においては、土塗壁柱脚仕口の仕様が数種類あることがわかり、その耐震性能の把握をすることができました。
★アピールポイント:
本課題は木質構造を担当する居住系の職員でグループ制を導入し、専門課程建築科の総合制作実習および応用課程の開発課題実習の中で取り組んだ実習になります。学年間を超えて様々な学生が存在する中、4年生は課題の目標を計画し実施運営を行なっていることにより木質構造の知識・技術だけでなく、ヒューマンスキル・コンセプチュアルスキルの習得が明確にできたと思われます。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
福岡県で使用される土塗壁強度に関する研究〜仕口接合部における耐震性能に関する研究〜(H23)の画像1
図1 試験体概要
福岡県で使用される土塗壁強度に関する研究〜仕口接合部における耐震性能に関する研究〜(H23)の画像2
図2 試験体設置
福岡県で使用される土塗壁強度に関する研究〜仕口接合部における耐震性能に関する研究〜(H23)の画像3
図3 試験体破壊性状