大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械設計、機械加工、機構学、機械要素、CAM・CAM技術など
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械設計の手法、メカニズム、機構用部品選定、機械加工技術など

製作の目的と概要

 キャンパス見学会、大学校の広報のための製作品として、製作しました。
 ものづくりの面白さと難しさを実感し、加工技術・設計技術が向上したことを感じるための課題にしました。
 本課題では、専門課程で習得した技術を活用し、モノづくりに関する応用力を養成するとともに、概念設計から製作する一連の流れを学習することを目的としました。
★技能・技術習得目標:
 課題を通して、設計の手順・仕様の考え方、機構学、材料力学の理解の向上を図るとともに、設計、製作、評価までの一連のモノづくりに関する流れを習得します。

成果

 振動が小さいエンジンを設計することができました。機構学を学習し、空気切り替え弁とピストンの位相の関係や機械要素の理解を深めることがきました。機械加工技術が向上しました。
★アピールポイント:
 エンジンが動作すると独特の音や振動が発生し、学生が感動します。
また、意外に簡単な機構で大きな力が発生します。動作すると面白みがあるため、学生が積極的に作業に取り組みます。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
蒸気機関の設計・製作(H23)の画像1
図1 蒸気機関完成品