大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校機械制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 メカトロニクス工学、機械製図、機械要素設計、シーケンス制御、電子回路、CAD実習?・?、機械加工、数値制御
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

メカトロニクス、機械設計製図、PLC制御、電子回路製作、2D-CAD、3D-CAD、レーザー加工、マシニングセンター、旋盤・フライス応用

製作の目的と概要

毎年開催されるポリテックビジョンでのロボット競技会にむけた制作となります。競技ルールを守り、アイディアを出し合いながら完成させていきます。機械制御技術科らしさを忘れずに、メカニカルな分野にしっかりと工夫をしていきます。
★技能・技術習得目標:
 3次元CADを使用した設計・図面展開技術を習得します。加工技術を考慮した設計形状を担当教官・学生間で相談します。購入部品の予算を考えた選定、加工部品の材料選定・加工機械の選定をするなど、多くの部分を今までの学習経験から自己決定します。積極的な取り組みが必要です。

成果

第10回中国ブロックポリテクビジョンにて行われたロボット競技会(2足以外の部)に参加の多足歩行ロボットを3台製作しました。歩行機構にテオ・ヤンセンのビーチアニマルなどをモデルとして、競技内容に合わせ「スタート自動認識」「ライントレースによる自動走行」の機能を備えています。製作は3D-CADで設計、機構動作シミュレーションを行い、部品の選定、機械加工・組み立てを行いました。
★アピールポイント:
ロボット競技会ではたくさんのロボットが完走しなかった中、製作したロボット3台の内2台が完走し、2位と特別賞になりました。複雑な12足のリンク機構には会場から大変注目されました。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
多足歩行ロボットの設計・製作 (H23)の画像1
図1 2位ロボット
多足歩行ロボットの設計・製作 (H23)の画像2
図2 特別賞ロボット
多足歩行ロボットの設計・製作 (H23)の画像3
図3 リニアスライダ機構のロボット