大学校及び設置科 東海職業能力開発大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 アナログ回路実験、計測制御工学、マイクロコンピュータ工学実習、機械工作実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

電子回路技術、生体計測技術、マイクロコンピュータ技術、プログラミング技術、シャーシ設計

製作の目的と概要

カロリー管理は健康の維持の基本ですが、消費カロリーを計測する市販のカロリーカウンタは機能的に十分とはいえません。そこで本制作では、ECG(心電)信号から心拍数を測定し、消費カロリーを算出するECGカロリーカウンタを開発しました。開発した機器は体に電極を装着することで消費カロリーを測定します。歩行を伴わない運動時の消費カロリーの測定、安静時の基礎代謝による消費カロリーの計測、心拍数・心電図の表示など、市販の歩数計測方式カロリーカウンタを超える機能を搭載しています。
★技能・技術習得目標:
課題を通して、アナログ回路、マイクロコンピュータのハードウェアとソフトウェア等が複合化された組込みシステムを開発する技術を習得します。

成果

生体信号の計測回路と計測プログラム、グラフィックLCDの制御プログラム、キャラクタLCDの制御プログラム、カーソルキーによるユーザーインターフェースを製作しました。回路基板は搭載するマイコンやLCD、バッテリ等のスペースを考慮した上で設計し、機器の小型化を実現しました。ケースは外観の良し悪しを決める重要なポイントであることから、現物合わせ等の追加工が発生しないように入念な設計を行いました。その結果、大変きれいなパッケージングが実現できました。
★アピールポイント:
ポリテクビジョンでは発表と展示を行い、優秀賞(展示部門)を受賞することができました。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
ECGカロリーカウンタの制作(H23)の画像1
図1 外観
ECGカロリーカウンタの制作(H23)の画像2
図2 回路基板
ECGカロリーカウンタの制作(H23)の画像3
図3 電極との接続