大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 創造的開発技法、精密機器設計、精密加工応用実習、CAE実習、製品材料設計、CAD/CAM応用実習、コンピュータ応用実習、実装設計製作実習、制御技術応用実習、アクチュエータ技術、生産管理システム構築実習
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

ニーズ調査の実施、仕様書、基本設計、詳細設計、工程表の作成等、装置の開発技術が養成できます。システムの詳細設計からハードウェア及びソフトウェアの製作ができ、単体テストや機械部・電子部・情報部の統合組み立て及び統合テストなどの技術が養成できます。

製作の目的と概要

ニンニクの加工において、皮をむいて生ニンニクにするまでの工程は機械化されていますが、ヘタを切除する工程は機械化されてなく、手作業で行われています。生産効率、コスト、安全性の問題があり、ヘタ切除装置の開発を依頼されました。
★技能・技術習得目標:
 課題を通して、ニーズ調査の実施、仕様書、基本設計、詳細設計、工程表の作成等、装置開発の計画が習得できます。また詳細設計からハードウェア及びソフトウェアの製作ができ、単体テスト、統合テスト方法が習得できます。技術的にはCADを用いた機械設計、プリント基板設計の習得、画像処理技術の習得ができます。

成果

 ニンニク鱗片(以下、ニンニク)を手作業で一個ずつ供給しヘタの切除を行うヘタ切除装置(切除部)と、その装置にニンニクを自動で供給する供給装置(供給部)の開発をしました。
切除装置では、手置きまたは供給装置で供給されたニンニクのヘタの有無を確認し、必ずヘタの有ることを確認した上でヘタを切除しました。また切除後にヘタが完全に切除されたかの確認も行いました。
供給装置では大量投入されたニンニクを小分け、個別にした上でヘタの向きを切除する向きに回転させました。工程の中で商品に不向きの小型のニンニクやゴミが落ちる場所も作成しました。
★アピールポイント:
・切除タクトタイムは最短約1.5秒と手作業の3.15秒より速くなりました。
・カラーカメラによる画像処理検査でヘタの有無を確認して切除します。
・形状や大きさが異なるニンニクに対応できます。
・2011ポリテックビジョンin 栃木 最優勝賞受賞
・2012アグリビジネス創出フェア 出展予定

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
ニンニク鱗片のヘタ切除装置の開発(H23)の画像1
表1. 仕 様
ニンニク鱗片のヘタ切除装置の開発(H23)の画像2
図1.装置の開発範囲
ニンニク鱗片のヘタ切除装置の開発(H23)の画像3
図2. 装置外観