大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属福山職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 工業材料、工業力学、機械力学、材料力学、基礎製図、情報処理実習、機械製図、機械要素設計、機械設計製図、CAD実習?、CAD実習?、CAD/CAM実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

手巻ウインチの設計システムの理解、モジュール化された設計手順に対応する設計計算のVBA(R)プログラミング、計算値・経験値・規格値・設計値の取扱い、CADによる図面・部品モデル・アセンブリの作成技術

製作の目的と概要

手巻ウインチの設計・製図・アセンブリに取り組んで基礎力の充実をはかります。設計の流れを理解して3次元CAD関連の実践的技術を向上させます。
★技能・技術習得目標:
設計では、モジュール化された手巻ウインチの設計手順を理解した後、数値データを体系的に整理して設計技術を習得します。CADでは、手巻ウインチの組立図や製作図等を作成してCAD技術を向上させます。作成した図面を使ってのモデリング実習やアセンブリ実習(図1、図2、図3)において、作業手順を検討して実践技術を向上させます。

成果

設計では、VBA(R)による設計プログラムを作成しました。CADでは、手巻ウインチの設計モデルを制作しました。
★アピールポイント:
ボルトやナット等、全CAD部品モデルに実物の様に糸面を付け、重量計算を行い制作したので、ものづくりにおける達成感が得られます。設計にも興味が持てるようになると思います。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
手巻ウインチの設計・製図・アセンブリ(H23)の画像1
図1 歯車装置
手巻ウインチの設計・製図・アセンブリ(H23)の画像2
図2 ブレーキ装置
手巻ウインチの設計・製図・アセンブリ(H23)の画像3
図3 手巻ウインチ