大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校 附属福山職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 マイクロコンピュータ工学、インターフェース技術、データ構造アルゴリズム実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

組込みソフトウェア応用技術、Androidtm™プログラミング、Java™プログラミング、Eclipse®の使用法、Arduino®プログラミング・回路製作、Bluetooth®通信

製作の目的と概要

近年、スマートフォン、タブレットの利用場面が非常に増えています。学生もハードウェアとソフトウェアを組み合わせたものづくりに興味を持っています。そこで将来的に、災害時に人命救助の役に立つロボットを製作することを考え、今回はBluetooth®通信を使用したロボットの製作を行いました。ハードウェア部分ではArduino®を用いてロボットを制御し、ソフトウェア部分では、Eclipse®の環境で、Java™によるAndroid™タブレットのプログラミングにより、製作をしました。
★技能・技術習得目標:
課題を通じて、Andoroid™タブレットのプログラミングと、Bluetooth®通信技術を習得します。また、Eclipse®の使用法についても学びます。さらに、Arduino®によるマイコン制御の回路製作・プログラミングを学びます。

成果

Bluetooth®通信を使用し、Arduino®を用いたロボットを無線通信で、Android™タブレット上で制御する、アプリの開発を行うことができました。ロボットは、図3に示すように、左折、前進、右折、左旋回、後退、右旋回ができるようになっています。
★アピールポイント:
 プログラミングが難しく、完成するまで、人数・時間はかかりましたが、学生が目指したAndroid™タブレットのEclipse®環境上のJava™によるアプリの開発、Arduino®ロボットの制御をBluetooth®による無線通信で、行うことができ、ポリテクビジョンにも出展することができました。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
タブレットで制御するマイコンロボットの製作 (H23)の画像1
図1 システム構成
タブレットで制御するマイコンロボットの製作 (H23)の画像2
図2 製作したロボット
タブレットで制御するマイコンロボットの製作 (H23)の画像3
図3 タブレットのアプリ画面