大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校 附属千葉職業能力開発短期大学校 成田校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械加工、測定、材料、力学、設計・製図
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

主に旋盤、フライス盤を使用した機械加工の技能・技術の習得

製作の目的と概要

旋盤、フライス盤を使用した機械加工の技能・技術の習得を目的としています。模型スターリングエンジンは、旋盤、フライス盤を使用して製作できる部品が多く、技能・技術を向上させる課題に適しています。
★技能・技術習得目標:
模型スターリングエンジンは、製作する部品点数が多いため期限内に完成させる「スケジュール管理」が重要となります。どのようにスケジュールを管理すれば期限内に完成できるかなど綿密な打ち合わせが必要となります。「協調性」や「自分で考え抜く力」の習得を目標としています。

成果

トップダウン設計手法により課題の全体を確認しながら製作を進めることができたので、期日までに成果物を完成させることができ、目標としていた加工の知識や技術を向上させることができました。
★アピールポイント:
トップダウン設計手法は製作する部品の「明確化」を図ることができます。第3者と相談する時でもお互いの意志の「共有化」を図ることができ、認識の違いがなくなります。そのため効率面で大幅な時間短縮をすることができます。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
模型スターリングエンジンの製作(H23)の画像1
図1 模型スターリングエンジン
模型スターリングエンジンの製作(H23)の画像2
図2 トップダウン設計
模型スターリングエンジンの製作(H23)の画像3
図3 動作確認