大学校及び設置科 沖縄職業能力開発大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電子回路・情報通信工学・インタフェース技術
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

電子回路設計技術、Android™アプリ開発技術、Bluetooth®通信技術

製作の目的と概要

昨今、市場が急速に拡大しているスマートフォンやタブレット端末のOSとしてAndroid™が注目を集めています。Android™では開発環境が無償で公開されていることもあり、自作アプリをAndroid™端末で自由に使用することができます。
さらに、これらスマートフォンやタブレット端末は、ほぼすべての製品がBluetooth®に対応しているため、無線通信を容易に行うことができます。そこで、普段実習で使用しているオシロスコープをコードレス化し、スマートフォンやタブレット端末で波形を確認することができれば、非常に便利になるのではないかと考えました。
★技能・技術習得目標:
  部品の選定、回路の設計、本体の加工、ソフトウェアの開発、動作検証など、ものづくりの一連の流れについて、本テーマを通して体験し、ものづくりの楽しさを知ってもらうことです。

成果

プローブ部と波形表示部を分け、さらに小型化することにより、オシロスコープをポケットに入れて運ぶことができることができるようになりました。また、必要に応じて使い分けができるように、2チャンネル型の箱型プローブと1チャンネル型のペン型プローブを作製しました。ペン型の先端部分にプローブを直付けしてあるため、持ち運びが便利になるように設計しました。波形表示部はBluetooth®機能が付いていて、さらにAndorid™アプリをインストールできるものであれば、自分の携帯電話やタブレット端末を利用することができます。これにより、いつでもどこでも見たい波形を確認することができるようになりました。
★アピールポイント:
ポータブルオシロスコープはすでに製品化されていますが、画面表示部をPCにするためUSBケーブルやシリアルケーブルで接続する必要があり、コードレス化されている製品はありませんでした。
そこで、我々はBluetooth®技術を利用し、コードレス化を図ることに成功しました。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
ポータブルオシロスコープの製作(H23)の画像1
図1 ペン型プローブ
ポータブルオシロスコープの製作(H23)の画像2
図2 箱型プローブ
ポータブルオシロスコープの製作(H23)の画像3
図3 タブレット端末表示画面