大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械設計及び製図、CAD実習、機械加工学、機械加工実習、機械工作実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械設計及び製図、CAD技術、機械加工技術、機械工作技術、プレゼンテーション技術

製作の目的と概要

上下移動だけの単純なドリルスタンドは市販品としてありますが、穴位置が思ったように定まらず、位置ずれがおこるため、XYテーブルを取り付け、加工精度を良くしていくことを考えました。
今回の制作課題は大きく分けて2つの部分から構成された機器になります。
 ? 電気ドリルを固定し、上下移動ができるスタンド  ? XYテーブルによる位置決め装置
これらの機器は、設計段階で部品等のレイアウトを十分に考え、干渉等がないようにします。また、ドリルスタンド、XYテーブルはそれぞれ別々に製作し、最終的に統合組立・調整・動作試験を行います。
★技能・技術習得目標:
設計、機械加工、組立・調整、検査・評価、報告までの「ものづくり」に係る一連の工程を実習を通して習得することで、実務に適応する技能・技術を身に付けます。
また、製作スケジュールの計画、役割分担といった協調性などのチームワーク力・コミュニケーション力についても身に付けます。

成果

設計から加工までの「ものづくり」の流れを理解すると共に、あり溝等の寸法精度が要求される、はめ合わせ加工などの応用加工が習得できました。
また、発表会を通してプレゼンテーションができるようになりました。
★アピールポイント:
自ら設計・製作した作品が、想定した範囲内の位置決め精度で穴加工ができ、ほぼ目標通りに完成しました。ただし、上下移動にブレがあり改良の余地があります。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
XYテーブル付き電気ドリルスタンドの製作(H23)の画像1
(写真1)アリ溝加工
XYテーブル付き電気ドリルスタンドの製作(H23)の画像2
(写真2)ねじ切りバイトで台形ねじを加工
XYテーブル付き電気ドリルスタンドの製作(H23)の画像3
(写真3)完成品