大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 プログラミング関連科目、データ構造・アルゴリズム
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

実践的なプログラミング、システム設計、コンピュータグラフィックス

製作の目的と概要

3Dディスプレイの普及もあり、AR技術は将来注目されている技術の一つであり、近年AR技術を活用した組込み製品も開発・発売がされています。注目度の高いAR技術を用い、身近にある学校を題材として、ものづくりの喚起が行えるシステムの開発を行います。AR技術を使ってみたいという学生の発案を受けて設定しており、興味をもって取り組み、ものづくりの楽しさへの喚起を狙いとします。
★技能・技術習得目標:
2次元画像の処理、3次元オブジェクトの生成と合成、また音声と合わせて3次元オブジェクトをアニメーションさせるプログラムを通し、システム設計手法および必要となるプログラミング技術を習得します。

成果

奈良先端科学技術大学院大学の教授が開発したARToolkitを用い、ARの実装を行いました。ARToolkitは、C言語のライブラリで提供され、これまで訓練で身につけた内容をそのまま生かすことができ、課題には適していました。機器等にマーカを貼り、それをカメラで撮影することでその機器の役割等の説明が、3Dグラフィックスと音声で説明を行うシステムの制作を行うことができました。
★アピールポイント:
コンテンツを充実させることで、来校者に対しする学校案内に本システムが利用できます。本実習終了時点では、コンテンツが不足するため、現時点においてはオープンキャンパス等で、機器の説明をするデモンストレーションを行い、本学科の魅力をアピールすることに活用しています。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
AR技術を用いた学校案内システムの作成(H23)の画像1
図1 システムイメージ
AR技術を用いた学校案内システムの作成(H23)の画像2
図2 動作画面
AR技術を用いた学校案内システムの作成(H23)の画像3
図3 コンテンツ登録画面