大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 精密機器設計、精密加工応用実習、センシング応用実習、制御技術応用実習、アナログ電子回路実習、ディジタル電子回路実習、組込みシステム構築実習
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

自律航行をさせるためには、方位センサ、姿勢センサ、GPSによる位置検出等が不可欠になるため、それに関わる回路設計と制御理論による考え方に基づく実装が必要になります。また、ヘリコプターの機構設計が複雑になるため、高度な設計と加工技術が問われます。

製作の目的と概要

ラジコンヘリ等を操作するのが、初めての人にも安定した飛行ができ、農業分野(農薬散布など)や災害地での活用がすぐにできる飛行装置の開発を目的とします。
★技能・技術習得目標:
機械関連は、耐久性があり、軽量機体設計のノウハウと精密加工技術、電子関連は、高周波や振動などのノイズに影響されにくい回路設計技術、情報関連は、制御理論をベースにセンサ情報より安定的な航行制御プログラミング技術と理論を習得することが目標であります。

成果

ラジコン送信機から飛行型装置の制御を行うことができました。また、姿勢制御プログラムを組込むことが出来たが、安定飛行までには至っていません。
★アピールポイント:
関西電気関係学会に参加し、好評を得ました。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
飛行型観測装置の開発(H23)の画像1
図1 6ローター型観測装置の概要
飛行型観測装置の開発(H23)の画像2
図2 機構本体