大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校 附属京都職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械加工実習・数値制御実習・シーケンス制御・機械要素設計 他
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

汎用機、数値制御機器を用いた機械加工技術・設計技術・制御技術

製作の目的と概要

省資源・省エネルギーを目指すために、身近な資源の再利用に貢献することを目的として、本課題ではペットボトル破砕機の製作を行いました。
★技能・技術習得目標:
2年間の総括として、設計から部品の選定・加工に至る一連の作業を復習することを目的としました。

成果

ペットボトル破砕機を製作しました。
★アピールポイント:
製作の過程で、強度計算や設計・要素部品の選定から、部品の加工、組み立てに至るまでの全ての作業をグループで行うことにより、計画の重要性などを体験することで、より深い技能技術を習得することができました。

※この課題情報シートには、学生が作成した予稿原稿が含まれています。
ペットボトル破砕機の製作(H23)の画像1
図1 完成デザイン
ペットボトル破砕機の製作(H23)の画像2
図2 破砕刃
ペットボトル破砕機の製作(H23)の画像3
図3 ペットボトル投入口