大学校及び設置科 沖縄職業能力開発大学校制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電気・電子工学実験、ディジタル回路、メカトロニクス実習、CAD実習?、機械加工実習、機械工作実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械設計・加工技術、溶接技術、電子回路設計技術、回路基板製作技術、モータ制御技術

製作の目的と概要

専門課程で学んだ機械加工および制御回路を利用したものづくりを目指し、人が乗用できる機器の製作をテーマとして挙げています。今回、担当の学生が選んだテーマは「電動ポケットバイクの製作」です。市販の電動バイクをベースに性能強化を行うことを目的としています。人が乗用するため、安全面に対しても配慮する機構や構造の見直しを行い、モータ、バッテリー、制御回路などを配置する設計力が必要となります。駆動方法の検討、制御回路の検討、モータの選定計算など多くの検討事項があります。
★技能・技術習得目標:
本体の設計を3次元CADで行い、CAD上での検討を行いました。また、モータ制御が中心となりますので、モータの選定で必要な技術計算を行い、それを制御するPWM制御の仕組みや制御回路基板製作技術を習得します。また、機構や構造の見直しも行うので、機械加工、溶接の技術も習得します。

成果

本体は完成しました。車体などの製作を通して、機械加工、溶接等の技術を習得できました。アクセル機構の考案やモータ制御のための制御回路など様々な工夫をすることで、目標にしていた時速15kmを達成できました。ただ、バッテリー消費が激しく長時間の走行ができないなど、回路設計の難しさを実感したようです。
★アピールポイント:
体重が100kg程度の人が乗っても走行できます。9度程度の登坂でも減速することなく走行できます。アクセル機構の工夫やディスクブレーキの採用などで安全な速度で走行できます。
電動ポケットバイクの製作(H24)の画像1
図1 CADでの設計
電動ポケットバイクの製作(H24)の画像2
図2 外観
電動ポケットバイクの製作(H24)の画像3
図3 ディスクブレーキ