大学校及び設置科 沖縄職業能力開発大学校電気技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電気機器、制御機器、制御工学、パワーエレクトロニクス工学
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

電子回路設計技術、機械加工・設計技術、マイコンのプログラミング

製作の目的と概要

ロボット相撲とは、直径1.5mの鉄板の土俵上で、マシン同士を戦わせる競技です。半自律型は、ラジコン型に土俵縁の白線を検出するセンサや、索敵用対物センサを搭載した機体であり、これらの製作を通じ一から物をつくるということに必要な知識・技術の習得を目的としました。

★技能・技術習得目標:
機械加工、電子回路、プログラム制御などメカトロニクスについて広く学び、本製作を通して電気技術科で学んできたことを生かすことを目的としました。

成果

半自律動作は問題なく動作し、DIPスイッチを用いて自律動作も選択可能としました。
ただし、回路としてマイコン1個で制御する予定が3個となりました。

★アピールポイント:
本製作物はラジコン型の機体に対物センサや白線センサを搭載し、プロポからの信号切り替えにより、ラジコン動作、自律動作をおこなえるようにしたマシンです。これにより、人間にしかできない判断力と、マイコン制御による確実な動作ができます。
相撲ロボットの製作(H24)の画像1
図1 機器本体
相撲ロボットの製作(H24)の画像2
図2 システム構成
相撲ロボットの製作(H24)の画像3
図3 半自律制御回路