大学校及び設置科 北海道職業能力開発大学校建築科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 建築構法、建築法規、建築施工実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

階段における詳細な納まり、計画手法、施工技術

製作の目的と概要

住宅産業の傾向として、近年特にプレカット化またはプレハブ化が進み、躯体はもとより端柄材や階段等の仕上げ材も機械化が一般的となり、在来軸組構法における手加工による大工技術は継承されていない現状があります。本実習では、種々の形状を持つ階段に特化し、手加工による階段の計画及び施工ができる人材の育成を目的に、大工手道具及び木工機械の基本的な取り扱いを習得し、階段施工全般に係わるポイントを習得します。
★技能・技術習得目標:
熟練を要する種々の階段を把握し、汎用CADを用いた階段図面作成及び原寸図の作成を通じて、計画手法及び施工手順並びに納まりについて習得します。

成果

普段見ることが難しい階段裏や躯体との納まりの把握、携帯用の丸鋸や溝切りを用いたパーツの加工及び実際の施工を通じて、大工技術における階段施工全般の知識と技術を習得させることができました。また、廻り部においては複雑に変形させたため、階段計画の難しさと完成時の達成感を感じることができました。
★アピールポイント:
1つの階段に力桁階段、直通階段及び変形させた廻り階段を融合させ、汎用CADを用いて詳細な平面図及び展開図を作成し、また、詳細な模型を作成する中で納まりの把握を行い、実施工に取り組みました。習得した施工技術を活かし、3級建築大工技能検定に合格することができました。
在来軸組構法における廻り階段の基礎知識の習得 ―施工を通じた納まりの把握―(H24)の画像1
写真1 計画用模型
在来軸組構法における廻り階段の基礎知識の習得 ―施工を通じた納まりの把握―(H24)の画像2
写真2 製作風景
在来軸組構法における廻り階段の基礎知識の習得 ―施工を通じた納まりの把握―(H24)の画像3
写真3 完成