大学校及び設置科 北海道職業能力開発大学校居住・建築システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 応用構造力学、構造解析、創造的開発技法、安全衛生管理・実習、内装実習、内装施工応用実習、施工実験、鉄筋コンクリート施工・施工管理課題実習、鋼構造施工・施工管理課題実習
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

鉄筋コンクリート造および鋼構造建築物の天井鋼製下地の工法・材料・施工および積算、実験に用いる治具製作のための木材加工技術および溶接技術、実験による構造知識、ヒューマンスキルおよびコンセプチャルスキル

製作の目的と概要

近年の震災において、建築物の安全に関して注目がさらに高まっています。法令・基準・仕様等を則り、工事請負業者が設計・施工を行っているのにも関わらず、震災が起こる度に負傷事故が発生しています。震災時に発生した天井落下事例に着目し、それらの事例を分析・研究することで既存天井工法に関する改善提案を行います。
★技能・技術習得目標:
鉄筋コンクリート造および鋼構造建築物の内装天井下地として広く用いられている鋼製下地材(軽鉄)の工法、材料、施工および積算の知識・技術を習得します。さらにヒューマンスキルおよびコンセプチャルスキルの向上を図ります。

成果

既存天井工法で不具合の生じやすいクリップに着目しました。各種調査およびシミュレーション実験から、既存クリップよりも性能(強度性能・施工性)の優れた(または同等以上)提案品を開発することができました。
★アピールポイント:
大手ゼネコンと企業が大掛かりな実験を行って開発しているのに対して、学校にある実験機器を駆使して開発(改善提案)に挑みました。
第9回北海道ポリテックビジョンにおいて、「技術賞」を受賞致しました。
既存天井工法における改善提案(H24)の画像1
図1 既存天井工法(赤丸部:クリップ)
既存天井工法における改善提案(H24)の画像2
図2 提案品(Tクリップ)
既存天井工法における改善提案(H24)の画像3
図3 提案品(Sクリップ)