大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校居住・建築システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 【科目】:総合施工・施工管理課題実習、【知識、技術】:鉄筋コンクリート構造物の構造および施工に関する知識と技術および安全衛生管理
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

当該課題における計画、設計、施工および施工管理に関して、ワーキンググループ方式による実習を通じて、さまざまな問題点を予測あるいは把握し、その問題点を解決する方策の立案と実践する能力と問題解決に至るまでの過程や結果について各自が評価する能力を養います。

製作の目的と概要

鉄筋コンクリート構造物の基本計画から施工および施工管理を実施することで、鉄筋コンクリート構造物の建設における生産管理手法を習得することを目的としています。当該課題で建設および施工管理したのは、住吉の長屋風の打放しのRC建築物です。渡り廊下で結ばれる二階建ての建物を複数年にわたり二棟建設します。
★技能・技術習得目標:
建築生産現場における設計図書や施工図の把握、仕様書や監理指針等の知識の習得および施工監理の基本であるQCDSを理解します。また、建設現場での安全施工にKYKや6S運動などさまざまな要素を取り入れながら実習することでの、建物細部の納まりや人間関係の難しさを理解し、問題解決能力、リスク管理能力を習得します。

成果

打放しのRC建築物の施工計画の中で、?型枠の施工においてセパレータの配置の違いによる面精度への影響、?柱と壁の間に設けるスリットの施工法、?鉄筋の施工において機械加工による加工精度への影響、?ガス圧接において施工場所や人的力量による施工精度への影響、?環境に配慮していかに廃棄物を減らせるかなど、各グループが独自のテーマを設定して問題解決することができました。
★アピールポイント:
4年生が現場監督として4つのグループに分かれ施工計画および施工管理を担当し、3年生がそれぞれのグループの作業を輪番で担当して実習を進めました。4年生は、実際に工事を管理・監督する立場で3年生の現場指導にあたることで、より実践的な管理能力を養うことができました。
住吉の長屋風(コンクリート打放し)RC躯体の施工および施工管理(H24)の画像1
図1 型枠工事作業風景
住吉の長屋風(コンクリート打放し)RC躯体の施工および施工管理(H24)の画像2
図2 鉄筋工事作業風景
住吉の長屋風(コンクリート打放し)RC躯体の施工および施工管理(H24)の画像3
図3 完成建築物