大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校 附属滋賀職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生工学、マイクロコンピュータ工学、マイクロコンピュータ工学実習、電子回路基礎実習、機械工作実習、組込みソフトウェア基礎実習、計測技術、センサ工学
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

組込みマイコン制御技術、電子回路設計技術、電子機器組立て技術、プリント基板設計技術、マイコンプログラミング

製作の目的と概要

マイコンカーラリーの一般部門に出場して上位入賞することのできるマイコンカーを製作することを目標としています。マイコンカーラリーとは、マイコンを搭載した車が、直線、カーブ、クランク、レーンチェンジ路、坂道が含まれるコースを自律制御してタイムを競う競技であります。今までは、練習時にマイコンカーのゲートセンサに手をかざしてスタートをさせていた方式から大会仕様のゲートマシンを製作して本大会と同じ様にコースを一周したタイムを計測できるゲートマシンを製作することを目的とします。
★技能・技術習得目標:
課題を通して、電子回路、電源回路、プリント基板および組込みマイコン制御の開発技術を習得します。

成果

マイコンカーラリーで使用するゲートマシンを製作しました。今まではマイコンカーのゲートセンサに手をかざしてスタートをさせていた方式から大会仕様のゲートバーを製作して本大会と同様にコースを一周したタイムを計測できるゲートマシンを製作しました。また、大型の表示器を搭載することでコースの走行時の経過時間が分かるようにしました。
大会仕様のゲートマシンの製作(H24)の画像1
図1 製作したゲートバー
大会仕様のゲートマシンの製作(H24)の画像2
図2 改良したマイコンカー基板
大会仕様のゲートマシンの製作(H24)の画像3
図3 製作したマイコンカー