大学校及び設置科 東海職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械加工実習、機械工作実習、数値制御加工実習、機械要素設計、CAD実習、CAD/CAM実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

課題を通して設計から加工までの一連の流れと数値制御加工技術についての実践力を身につけます。

製作の目的と概要

生産技術科卒業生の就職先は、マシニングセンタやターニングセンタに代表されるNC工作機械による加工現場が主であるため、訓練カリキュラムは“機械加工”“CAD/CAM”“NC技術”が3本柱として構成されています。特に、ターニングセンタは多品種少量生産に対応できるキーマシンとして、生産現場では中心的な加工機械となっているため、当科においても数値制御加工実習の中で機械操作、各種段取作業、NCプログラミング等の技術・技能を重点的に習得させています。   
そこで本テーマでは、これまで習得した数値制御加工技術・技能の定着を図ると同時に、ターニングセンタの最も代表的な特徴である複合加工を活用した製品の製作を通して、設計、製作及び組立・調整技術等の総合的な実践力を身に付けることを目標としました。
?学生が興味のある?複合加工が必要?動作がある?施設見学者等の興味を引く、の4点を製作課題の選定ポイントし、今年度については「ジャイロゴマ」を製作課題に決定しました。ジャイロゴマとはジャイロ効果の原理を応用したコマで、ジャイロモーメントを体感することができる構造になっています。
★技能・技術習得目標:
3次元CADによるパーツモデリング、アセンブリ、干渉チェック、機構解析等の機能をより具体的な課題で実践することにより、3次元CAD設計手法を習得します。
また、数値制御加工実習で習得した(X軸、Z軸)による旋削加工の知識を深めると同時に、(C軸、Y軸)を使用した複合加工について習得します。さらに、対話形NCプログラミング手法を身に付け、加工精度向上を目指した工程設計にも挑戦します。

成果

本課題の製作を通してCAD設計、CAD/CAM技術、数値制御加工等に関する学生の技能・技術が向上しました。課題の完成度については十分ではない部分もありましたが、最終的にジャイロモーメントを視認且つ体感できる製品を完成させることが出来ました。
★アピールポイント:
ポリテクビジョンに出展し、来場者の方にジャイロモーメントを視認及び体感していただき、その不思議な力で興味を引くことができたと思います。
ターニングセンタによるジャイロゴマの製作(H24)の画像1
図1 ジャイロゴマの外観
ターニングセンタによるジャイロゴマの製作(H24)の画像2
図2 ジャイロモーメントの視認(黄矢印:手の動き、青矢印:ジャイロゴマの動き)
ターニングセンタによるジャイロゴマの製作(H24)の画像3
図3 ジャイロモーメントの体感(黄矢印:手の動き、赤矢印:手に伝わるジャイロモーメント)