大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校 附属秋田職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械設計、CAD、機械加工、空気圧制御、シーケンス制御実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

プレスせん断加工技術、空気圧機器組み立て技術、PLC入出力配線と制御盤製作、PLCプログラミング

製作の目的と概要

校既存の足踏みシャーは人力切断操作方式で、使い勝手が悪く、駆動部分に覆いがないので安全性にも問題があります。そこで、足踏みシャーをレトロフィット化して改良するため、総合制作実習課題として取り組みました。ここで、レトロフィット化とは古い加工機械の精度を回復し、新たな機能を付加して性能を向上させて、機械設備を再生することをいいます。
★技能・技術習得目標:
足踏みシャーの改良を通して、機械設計、部品加工・装置組み立て、空気圧制御、PLC制御プログラミング等の知識や技能・技術を習得し、実践技術者に必要な「ものづくり」の技能・技術を身に付けます。

成果

既存の足踏みシャーの切断機構と板押さえ機構を空気圧機器で動力化し、作業者が簡単な操作で切断作業することができるようになりました。また、必要な機械操作(手動操作・原点復帰操作・安全一工程操作)を対話方式で案内する機能を付加して性能の向上を図ることができました。
★アピールポイント:
未経験者でも、タッチパネルの表示画面に従って必要な機械操作を行うことにより、簡単に切断作業ができる
ようになりました。
足踏みシャーのレトロフィット化(H24)の画像1
図1 改良後の足踏みシャー
足踏みシャーのレトロフィット化(H24)の画像2
図2 板押さえ機構
足踏みシャーのレトロフィット化(H24)の画像3
 図3  切断機構