大学校及び設置科 四国職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械設計製図、CAD実習(?・?)、CAD/CAM実習、数値制御加工実習(?・?)、特殊加工実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械設計製図の知識、3次元CADモデリング技術、数値制御加工技術、レーザ加工技術、金型技術、実験・検証のための知識、プレスブレーキの知識

製作の目的と概要

当地域は紙に関わる産業が盛んであり、その中で本テーマを取り上げました。紙のエンボス加工を様々な形式の型を行い、そのためのデザイン、型製作に取り組むことにより「ものづくり」に対する興味を持ち、さらに学生自身がグループワークの中で創意工夫することで総合的な能力を習得します。また、今までに学んできた専門知識・技術を実際の課題に適用する応用力を習得します。
★技能・技術習得目標:
課題製作を通して、型製作に必要な構想、3次元CADによるモデリング、機械加工、成型の一連の工程を習得します。

成果

形式の異なる紙のエンボス成型用型を製作しました。具体的にはレーザ加工を利用した2次元型、2次元型を積層した簡易3次元型、マシニングセンタにより製作した3次元型、3次元プリンタにより製作した3次元型を製作することができました。プレスブレーキによる加圧を用い、条件を検討し、どの型においても紙の成型が確認できました。
★アピールポイント:
ものづくり研究発表会で発表・展示を行いました。また、来客者に製作目的や特徴を説明しました。さらに
各種見学等において生産技術科の学習内容を紹介する一例として活用しています。
紙のエンボス成型用各種型の製作(H24)の画像1
図1.レーザ加工による2次元型
紙のエンボス成型用各種型の製作(H24)の画像2
図2.切削加工による3次元型
紙のエンボス成型用各種型の製作(H24)の画像3
図3 3次元プリンタによる型