大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械製図、機械要素設計、メカニズム、機械加工実習?・?、シーケンス制御実習?・?、油圧・空圧制御
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械設計製図、シーケンス制御、汎用工作機加工技術、NC工作機械加工技術

製作の目的と概要

製造業における自動化の目的は、生産性の向上やコスト低減に加え、品質向上や製造工程の柔軟性向上にあります。本実習では「コマ」の自動組立装置を題材として、「自動化設計」の考え方、「部品」の加工精度、「組立」の調節調整、「制御」のプログラミングについて、実体験するとともに、納期管理の重要性を認識します。
★技能・技術習得目標:
コマ自動組立装置の設計・製作・制御を通して、総合的なものづくり実践力を身に付けるとともに、自動化ユニットの役割分担により、責任・協調・協議・積極性等のヒューマンスキルも身に付けます。

成果

設計・製作にあたり、機能を満足するとともに下記の?〜?について特に配慮しました。
?位置決め調節ができること
?シリンダガイドが滑らかに動作すること
?締め付け用ナットを減らすこと
完成した装置は各ユニットとも安定した動作ができ、操作性のよい制御を実現できました。
★アピールポイント:
コマ自動組立装置は組立用ロータリーテーブルを回転する過程で、コマのボディにピン(芯)を圧入し、ワッシャを組み付け、ピンのねじを締め付ける装置です。
上記作業を行うユニットのアクチュエータにはコンデンサモータ、ステッピングモータ、空気圧シリンダ、空気圧チャック、センサには近接センサやフォトマイクロスイッチを使用し,ユニット制御用PLC4台と統合制御用PLC1台を用いて制御しました。
コマ自動組立装置の設計・製作・制御(H24)の画像1
図1 装置全体
コマ自動組立装置の設計・製作・制御(H24)の画像2
図2 ピン圧入部
コマ自動組立装置の設計・製作・制御(H24)の画像3
図3 コマ部品および完成品