大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校生産システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 精密加工技術、CAD/CAM応用技術、センサ技術、インタフェース技術、通信技術、組み込み応用システム技術、画像処理技術、創造的開発技法
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

精密応用加工技術、CAE応用技術、ノイズ対策技術、センサ機器利用技術、パワーエレクトロニクス技術、モータ制御技術、マルチタスクプログラム技術、画像処理応用技術、開発にかかわる管理技術

製作の目的と概要

東日本大震災では多くの探査ロボットが現場に投入され現場の情報収集において一定の成果を得ています。本課題では、救助隊が半倒壊家屋に入る前に現場の状況を把握し、人命を探査することにより、二次災害を防ぐためのロボット開発をテーマに設定しました。
★技能・技術習得目標:
本課題を通して、「ものづくり」の全工程を行うことにより、製品設計技術、FRPやアルミ合金などを複合的に活用した製品製造技術、モータ制御技術、運動軌跡データ作成技術、画像計測データ処理などのドキュメント作成及び管理技術などの習得を目標にします。

成果

ロボットの遠隔操作、画像処理、各種センサによる人命探査機能など、基本的な機能については完成しましたが、まだまだ改良すべき点があります。しかし、これらの問題点を学生が自覚し、その改善方法を提案し、今後の発展を促す報告を行うことができたことが最大の成果と言えるでしょう。
★アピールポイント:
当校における人命探査ロボットの製作はこれで3代目ですが、従来の機能を改良したり、新たな機能を追加して、徐々に完成度を上げており、擬似サーモグラフィやタブレット端末による操作など、ポリテックビジョンでのデモンストレーションでは、多くの方々の興味を惹くことができました。
人命探査ロボットの開発(H24)の画像1
図1 ビークル全体写真
人命探査ロボットの開発(H24)の画像2
図2 階段昇降
人命探査ロボットの開発(H24)の画像3
図3 擬似サーモグラフィ