大学校及び設置科 職業能力開発総合大学校 小平キャンパス居住・建築システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 木質構造施工管理課題実習、施工図書実習?、?
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

木造住宅の構造計算、施工管理、積算

製作の目的と概要

既存の木造住宅について、LDKを一体として計画する様にリフォームを実施する場合、その多くに界壁内の柱の撤去が生じます。この場合、鉛直荷重を負担する柱を撤去することから2階床組の補強が必要となります。しかしながら、床組の補強方法については一般化されていないのが現状であり、多くの場合、リフォームの現場管理者や、大工さんが経験を元に施工しているのが実状です。
本開発課題では、施工性、構造安全性及び経済性等を考慮した2階床組の補強方法を開発する事を目的としました。開発課題においては、?既存住宅の間取り調査、?開発における前提条件と制約の決定、?横架材の補強方法の開発、?構造計算による梁補強方法の構造安全性の検討、?構造安全性の検証実験を行いました。
本開発課題において、木質材料(LVL)を使用し、構造安全性、施工性及び経済性を考慮した既存の梁の補強方法を開発することが出来ました。

★技能・技術習得目標:
課題実習を通して、木造住宅のリフォームにおける構造検討の方法、積算方法、構造性能の実験的検討手法等の技術を習得しました。

成果

本開発課題において、木質材料を使用し、構造安全性、施工性及び経済性を考慮した既存の梁の補強方法を開発しました。
★アピールポイント:
在来軸組工法の住宅で、梁スパン3.64m以下、かつ一般的な床組(例えば梁間隔1.82m以下)を対象として、大工が施工できる木質材料を主材料を用いて補強方法を開発することにより、施工コストに優れた提案ができました。
住宅リフォーム時の柱撤去に伴う横架材補強技術の開発(H24)の画像1
図1 既存梁の補強方法
住宅リフォーム時の柱撤去に伴う横架材補強技術の開発(H24)の画像2
図2 補強方法の実験による構造性能の評価