大学校及び設置科 職業能力開発総合大学校 小平キャンパス建築科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 建築施工実習?、工法演習、建築法規、建築法規演習、建築測量、建築計画?、コンピュータ基礎実習??
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

木材の性質、羽柄材及び構造材の加工技術、プレゼンテーション能力

製作の目的と概要

あゆみ教室とは、不登校に悩む小平市立の小・中学校に在籍する児童を学校復帰に向けて支援する教室で、毎日十数名が登校しています。しかし、教室の壁は汚れが目立ち、塗装も剥がれ、不登校に悩む児童を支援するための環境が整っていないと言えます。そこで児童及び職員からのご意見を基に、より良い学習環境を整えるための内装改修提案を行い、制作することを目的とします。
★技能・技術習得目標:
実習を通して、木材(特に檜、杉)の特性及び加工法を理解します。また、利用者とのコミュニケーションを図り、要望を最大限に引き出し、形にする手法を学びます。

成果

利用者からの意見と、学生の理想とするイメージを話し合いから折衷し、具体化することができました。各種材料の特性を理解した上、手加工や機械加工を行い、仕上げ面を意識した加工方法を習得することができました。
また、施工後に実施したアンケートにより、検証を行うことで満足度や改善点を把握することができました。

★アピールポイント:
児童に木の暖かさや香りを感じて欲しいと考え、檜の板を内装改修に使用しました。同じ檜でも産地や乾燥方法によって色、香り、施工性が大きく変化します。そのため、産地は吉野(奈良県)と限定し、かつ天然乾燥材を用いることとしました。
小平市教育支援教室「あゆみ教室」の改修提案(H24)の画像1
図1 改修前
小平市教育支援教室「あゆみ教室」の改修提案(H24)の画像2
図2 試作品
小平市教育支援教室「あゆみ教室」の改修提案(H24)の画像3
図3 改修後