大学校及び設置科 職業能力開発総合大学校 小平キャンパス生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械要素設計、機械加工実習(?・?)、機械設計製図(?・?)、精密加工実習、数値制御加工実習(?・?)、精密機械設計、CAD実習(?・?)、制作実習(精密機械)、シーケンス制御実習(?、?)
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械設計技術、3次元モデリング、機械加工技術、組立・調整技術、シーケンス制御技術

製作の目的と概要

ボールねじを用いた直動機構は、NC工作機械や産業用ロボット等における高精度な直線運動を実現する重要な技術の一つです。本課題の簡易クレーン装置のような物体を把持して搬送する装置の製作には、その直動機構や物体把持機構の設計・製作、自動化機器を構成するモータやPLCの知識、技術を必要とします。したがって、本課題に取り組むことにより、各種産業機械の直線運動部に使われている直動機構の基礎を理解するとともに、総合的なものづくりの能力が身に付きます。
★技能・技術習得目標:
総合的なものづくりを通して、装置機構のアイデアとそれを実現するための設計・加工技術、組立・調整技術、問題解決能力を習得します。

成果

ボールねじを用いた直動機構、トルクリミッター付き物体把持機構、シーケンス制御を組み合わせて物体を搬送する簡易クレーン装置を製作しました。ボタン操作でアームを任意の位置まで移動させた後は、自動でアームの上下運動およびハンドの開閉、原点復帰により把持した物体を搬送します。
★アピールポイント:
モータによりナイロン製ワイヤーを巻取ることでハンドが閉じる機構であるため、ハンドが閉じた状態での巻取り過ぎによるワイヤーの破断を防止するトルクリミッター(手製)が付いています。
ボールねじ機構を用いた簡易クレーン装置の製作(H24)の画像1
図1 装置全体の構想図
ボールねじ機構を用いた簡易クレーン装置の製作(H24)の画像2
図2 物体把持部
ボールねじ機構を用いた簡易クレーン装置の製作(H24)の画像3
図3 完成した簡易クレーン装置