大学校及び設置科 職業能力開発総合大学校 小平キャンパス電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 アナログ回路、ディジタル回路、マイコン回路、C言語プログラミング、プリント基板CAD
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

超音波送受信回路、距離測定回路、音源回路、プリント基板設計、マイコン制御プログラミング、ノイズ対策

製作の目的と概要

ネックだけでボディーのない空間をストロークすると音が鳴る非接触ギター(エアーギター)の製作、すなわち、左手でネックのスイッチを押しながら、右手の空間位置(見えない弦に相当)を超音波によって計測しながら弾いた弦を検知し、押されたスイッチによって、コード演奏やアルペジオ演奏ができるようなギターの製作を目標としました。
★技能・技術習得目標:
 課題を通じて、製作仕様から、アナログ部、ディジタル部、マイコン部の回路設計と試作による動作確認を積み重ね、プリント基板CADによるパターン設計と基板加工製作、さらにマイコンのC言語プログラミングによる動作検証により、「モノづくり」一連の工程を体験しながら、超音波を利用した電子回路とそれらのマイコン制御の設計製作技術を習得します。

成果

製作仕様に掲げた、超音波センサを利用した距離計測による見えない弦の検知、6弦×4フレットのスイッチを有するネック部、最大6和音の発音ができる音源制御、コード演奏とアルペジオ演奏の切換え、サスティーン機能などすべてを実現し、試作時のミスは繰り返さないよう後工程をスムーズに進め、指定の期日内に完成度の高い製作が達成できました。
★アピールポイント:
学生のアイデアを取り入れることで、世の中にない多機能な非接触ギター(エアーギター)に発展させて製作できました。
非接触ギターの製作(H24)の画像1
図1 非接触ギターのブロック図
非接触ギターの製作(H24)の画像2
図2 完成した非接触ギター