大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 ソフトウェア基礎実習、マイクロコンピュータ工学実習、インターフェース製作実習、情報通信工学実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

電子回路技術、プログラミング技術、データベース、無線ネットワーク、加工技術

製作の目的と概要

本課題は、RFID技術、無線ネットワーク、マイコン技術、データベースを使用し、移動能力に適した誘導案内システムを提供します。
★技能・技術習得目標:
課題を通して、ハードウェア技術、ソフトウェア技術、通信ネットワーク技術を習得することができます。

成果

病院内の初診外来に訪れた方に、移動能力に適した誘導路を地図または、8x8マトリックスLEDによる方向指示によって示すことができました。

★アピールポイント:
RFID技術、無線ネットワーク、マイコン技術、データベースを用いたシステムに直接評価手法を応用したダイクストラアルゴリズムを採用することによって高精度な誘導案内ができるようになりました。
移動能力に対応した初診外来患者案内システムの開発(H24)の画像1
図1 システムの外観図