大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校居住・建築システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 木質構造施工・施工管理課題実習、施工図書実習(?・?)、在来軸組工法、日本建築史
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

造作材加工技術、茶室建築のノウハウ、伝統的木造建築施工技術、施工図書作成技術、工程管理能力

製作の目的と概要

専門課程・応用課程で木造の施工実習を行っているが、在来軸組工法の躯体構造およびその施工方法を限られた時間の中で学ぶ内容が中心となっているため、床などの造作技術を習得するまでには至っていません。
そこで本実習では、数寄屋造の先駆けとなった茶室建築に取り組むことにしました。茶室建築の構造模型を作成するための計画、設計から施工に至るまでの工程を通して、日本の建築に対する造詣を深め、伝統的な施工方法、施工管理ができるよう知識と経験を身につけることを目的としました。
★技能・技術習得目標:
課題を通して、日本建築を代表とする建築の一つである茶室建築について造詣を深めるとともに、高度な施工技術をようする造作材の加工技術を習得します。

成果

茶室は一般的な木造建築と異なり土台がなく、柱は直接基礎にあたる根石にはまり込み、半足固めや壁留と呼ばれる横架材によって床下は構成されます。造作施工を習得するため床柱に皮付き丸太材を用いるなど、本実習を通じて伝統的な木造建築の施工技術の理解を深めることができました。
★アピールポイント:
茶室建築の納まりや架構を調査し、実際に設計・施工に取り組むことによって、床の間などの造作技術や、伝統的な木造建築についての造詣を深めることができました。
茶室構造模擬建築物の施工計画と施工管理(H24)の画像1
図1 平面図および軸組図
茶室構造模擬建築物の施工計画と施工管理(H24)の画像2
図2 茶室模擬建築物(完成)