大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校 附属川内職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械要素設計、機械設計製図、機械加工実習、数値制御実習(?・?)、CAD実習(?・?)、CAD/CAM実習、接合実習?
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械設計技術、CAD及びCAD/CAM技術、各種機械加工技術

製作の目的と概要

電動車いすは、重度の肢体障害を持つ人や足腰の弱った高齢者にとって、モビリティを確保する大事な移動手段です。しかし、現在の都市は、健常者を対象につくられているため、利用者が電動車いすで安心して外出できるようにするためには、安全性、機能、操作性などに優れた電動車いすの開発が望まれています。
★技能・技術習得目標:
電動車いすに関わる法律には、道路交通法、工業標準化法等があります。本課題はこれらの法律に準拠した製品を、企画開発段階から設計及び製作するプロセスについて、グループワークを通じモノづくりの流れそのものを習得することを目的とします。
また、完成後は各種性能評価試験を行い、報告書を作成します。

成果

構成部品のほとんどを三次元CADによりモデリングすることにより、全体の干渉チェックや足回り部品の応力解析等のシミュレーションを行うことで設計の最適化を図りました。

★アピールポイント:
ポリテックビジョンの際に、来場者に試乗していただき、楽しんでもらうことができました。
電動車いすの設計製作(H24)の画像1
図1 車体構成
電動車いすの設計製作(H24)の画像2
図2 PLCとインバータによる速度制御
電動車いすの設計製作(H24)の画像3
図3 製品