大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校居住・建築システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 木質構造施工・施工管理課題実習、施工実験、内装施工実習、住宅性能論など
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

木造住宅の耐震補強に関する専門技術と知識の習得及び、壁耐力実験の手法と解析方法を習得します。

製作の目的と概要

既存木造住宅の耐震補強改修の一環として、地元和歌山県の建具事業団体と共同で、「建具を用いた木造住宅の耐震補強法」について研究を行いました。
開口部に立つ襖の一部を、強度の高い建具に交換し固定することで、床や天井の改修をせずに、耐力壁としての性能を保障するというものです。日本住宅・木材技術センターによる試験方法である「鉛直構面の面内せん断試験」を行うことにより、建具により補強をした開口部の壁倍率評価実験を行い、その性能を評価する研究開発です。開発した耐震建具の活用法と施工マニュアル(仕様書)の作成を目指し、開発課題として取り組みました。事業主団体との関わりがあり、新製品の開発でもあることから、研究の成果が求められる課題でありました。

★技能・技術習得目標:
?耐震性能を有する建具の設計・製作が検討実施できること
?壁倍率算出にかかる、実験・データ解析・評価ができること

成果

開発課題としての取り組みとして4年目であったことから、数多くの試作品による実験を通して、耐震性能を持つ建具としてのポイントを掴むことができました。耐震建具の性能として構造デザイン面では、『建物の変形に合わせて、一定の剛性を持ちながらも徐々に変形していくエネルギー吸収型建具であること』、施工面では『耐力を発揮するためには“固定”が必要であるが、住宅の居室としての機能性を考え、生活上必要であれば取り外しが可能な建具であること』、の2点が成果として得ることができました。
本建具の壁倍率による評価は“1.5倍”(最終予想)であり、耐力壁で比較するところの「90×30片筋交い」と同等の評価を得ることができました。

★アピールポイント:
エネルギー吸収型建具の設計ができたことにより、本開発成果が実際の製品化に向け現実化を帯びてきたことにより、共同で研究を進めた事業主団体からも高い評価を受けることができました。
天井・床・壁等にも工事が必要である本来の耐震工事に比べ、建具を取り換えるだけの工事のため、大幅な工期・コスト・施工手間の削減ができました。
今後、協力元の事業主団体により、耐震建具の性能保証における社会的認知が得られれば、本格的な商品化へ進むこととなり、木造住宅の新たな補強方法として世に出ることになります。
建具を用いた耐震補強法の開発(H24)の画像1
図1 開発した建具写真
建具を用いた耐震補強法の開発(H24)の画像2
図2 建具取付けイメージ写真
建具を用いた耐震補強法の開発(H24)の画像3
図3 実験風景