大学校及び設置科 近畿職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 工業力学、電気工学、機械加工、メカニズム、測定実習、機械設計製図、CAD実習、数値制御加工実習、シーケンス制御実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

3次元CAD技術、旋盤加工技術、フライス盤加工技術、NCプログラミング技術、精密測定技術、電動機制御技術、PLCプログラミング技術

製作の目的と概要

今日の生産活動においてNC工作機械は必須の要素であり、生産技術科においてもそのプログラミングなどの利用法を学んでいます。本テーマでは、NC旋盤の設計・製作をとおし、NC工作機械の内部を構成する機械技術や制御技術を習得することを目的としました。
★技能・技術習得目標:
NC旋盤の製作を通して、設計、製作及び組立・調整技術等の総合的な実践力を身に付けるとともに、NCコントロールシステムの設計を通して、実践的な電気回路設計技術、制御システム設計技術も身に付けます。

成果

仕様に基づき基本設計を行い、機構部、制御系の設計をしました。機械加工については、精度良く加工ができたため、支障なく組み立てができました。また、制御系については、操作パネル、制御盤を製作し、動作させることができました。完成したNC旋盤は、Gコードプログラムによって、指示した通りに動作させることができました。
★アピールポイント:
完成したNC旋盤をポリテックビジョンで展示し、来場した方々に動作を見て頂きました。見学した学生の感想の中には、NC旋盤という工作機械自体を自分たちの手で作り上げることができることに驚くとともに、今後の目標にしたいとの希望がありました。
NC旋盤の設計・製作(H24)の画像1
図1 機構部の構成
NC旋盤の設計・製作(H24)の画像2
図2 制御システムの構成
NC旋盤の設計・製作(H24)の画像3
図3 製作したNC旋盤