大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校居住・建築システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 木質構造施工・施工管理課題実習、施工実験、木造住宅の耐震診断と補強方法
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

木製建具の作成方法、木造耐力壁倍率の実験と評価方法、耐震補強方法

製作の目的と概要

木造住宅の耐震補強では、地震力に対して抵抗できる耐力壁で補強する方法が有効でありますが、伝統的構法などの古い建物では襖や障子などの建具が多く、耐震補強を施すには開口部の一部を耐力壁に改修するといった大掛かりな工事が必要となります。そこで、敷居と鴨居をそのまま利用して、耐震補強用の建具を固定することで耐震改修工事の省力化につながることとなり、実験を通してその効果と施工方法を検証することを目的としました。
★技能・技術習得目標:
課題を通して、木造耐力壁の実験方法や評価方法を理解し、木製建具を用いた耐震補強法の開発の可能性を検証することを目的とします。

成果

2間開口部の障子戸4枚を想定し、両端を2枚の斜め格子で固定することで耐力壁とし、中央部はそのまま障子戸を利用した片引き戸とします。垂れ壁付柱を含めた壁として評価することで、壁倍率と基準耐力や基準剛性を求めました。本年度は建具格子をビス固定しない縦横格子と斜め格子場合を検証し、過去に行った斜め格子のビス固定の有効性を確認することができました。
★アピールポイント:
耐震補強法の開発方法と評価方法を理解することで、評価結果を応用課題実習の木造住宅の耐震診断(一般診断・精密診断)へ活用することができました。
木製建具を用いた耐震補強法の開発(H24)の画像1
図1 建具の組立
木製建具を用いた耐震補強法の開発(H24)の画像2
図2 建具の固定
木製建具を用いた耐震補強法の開発(H24)の画像3
図3 破壊状況(30斜格子)