大学校及び設置科 九州職業能力開発大学校制御技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 CAD実習、機械加工実習、数値制御加工実習、マイコン制御実習、電子回路、機械設計、メカニズム、メカトロニクス工学
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

機械加工技術、数値制御加工技術、マイコン制御技術、電子回路設計、機械設計、3次元CADによる設計

製作の目的と概要

実習において旋盤、フライス盤などの加工機を操作し、金属加工を経験した。進学に当たり、さらに設計技術、加工技術の向上を図る必要があります。実習において興味を持った2軸テーブルを持つ加工機の製作を通して、「ものづくり」に対する興味を持ち、設計技術、加工技術、制御技術を学生自身が創意工夫することで、総合的な能力を身に付けることを目的としました。
★技能・技術習得目標:
卓上加工機の製作を通して、設計、製作及び組立・調整技術等の総合的な実践力を身に付けるとともに、可動機構部の設計を通して、電子回路設計技術、制御システム設計技術も身に付けます。

成果

ボールネジによるX-Yの2軸テーブルを持ち、刃物の回転部である主軸部の上下機構部を持つ卓上加工機を製作しました。マイコンによる制御ができ、アクリル板に文字を切削加工させることができました。
★アピールポイント:
加工できる部品は、学生が一人ですべて加工を行いました。
ポリテックビジョンでは、この成果を発表することができました。
卓上加工機の製作(H24)の画像1
図1 加工機全体
卓上加工機の製作(H24)の画像2
図2 制御回路
卓上加工機の製作(H24)の画像3
図3 文字切削加工