大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校 附属石川職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 マイクロコンピュータ工学・実習、センサ工学、インターフェース製作実習、他
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

マイコン制御回路技術、プログラミング技術、センサ回路技術、アクチュエータ制御技術、通信技術等

製作の目的と概要

学生の「現代版茶運びロボットを作りたい」と言う希望を元に、マイコン制御に関する回路技術やプログラム技術の応用、そして、リーダー格の学生には、プロジェクト管理に関わる技術の習得を目的に実施しました。
★技能・技術習得目標:
課題の製作を通して、マイコン制御に関わる回路やプログラム技術、センサやリモコン周りで使用する通信技術、自ら調べた情報を参考に理論を組み立てて、それを実機で検証する方法論の習得、また、役割分担やスケジュール管理、製作物の評価や発表など、総合的な開発力を習得できるようになることを目標として行いました。

成果

当初の想定していた、センサによる正確な自己位置の把握と誘導には至らなかったものの、理論と実際の違いに関する学び、役割分担とスケジュール管理の困難さ、無線技術や通信規格など初めて学ぶ技術の習得、そして、自分たちの力で、もの運びロボットを完成させたことから来る自信を得ることができたようです。
★アピールポイント:
移動方式や自律の有無に係らず、ロボット製作は、学生からの希望の多い、意欲的に取り組めるテーマであり、電子情報技術の応用としても、幅広い分野をカバーすることが可能です。また、成果も目に見えるわかり易いテーマとなります。総合制作実習を単なる作業としてではなく、学生主体で、計画から実施、評価、発表まで行ってもらうには、適したテーマと考えます。
各種センサを用いたもの運びロボットの製作(H24)の画像1
図1 車体の外観
各種センサを用いたもの運びロボットの製作(H24)の画像2
図2 リモコンの外観