大学校及び設置科 中国職業能力開発大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械加工、機械加工実習、機械工作実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

旋盤・フライス盤・ボール盤・手仕上げ

製作の目的と概要

機械加工・組立の基本である旋盤・フライス盤・手仕上げを融合させた「モノづくり」の面白さや発展性を理解するとともに、期限までに成果物を完成させることでスケジュール管理の重要性を認識していきます。また、グループで設計・個人分担による部品加工及び部品を組立調整することで、1つのモノを完成させていきます。
★技能・技術習得目標:
小型万力の課題実習を通して、設計・製作及び組立・調整技術等の総合的な実践力を身に付けるとともに、訓練廃材を利用することで材料費用をゼロに抑え、エコを意識しながら製品を完成させることが目標です。

成果

設計・モデリングに時間をかけず、試作を繰り返しどこが重要ポイントなのかを理解させることができました。また学生にとっても、試作と設計を繰り返しながら一つのものを完成させることで達成感を味わうことができました。
★アピールポイント:
材料費をゼロに抑え、訓練廃材を利用したものづくりであることです。材料を購入すると加工失敗のリスクがかかります。廃材を利用するということで学生は思いきって加工することができますし、加工失敗を繰り返すことで何がいけなかったのかを体験できることです。
小型万力の設計・製作(H24)の画像1
図1 3次元モデル
小型万力の設計・製作(H24)の画像2
図2 製作部品一覧
小型万力の設計・製作(H24)の画像3
図3 組立てた小型万力