大学校及び設置科 北海道職業能力開発大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 電子回路工学(?・?)、環境エネルギー工学、センサ工学、制御プログラミング実習、環境・エネルギー実験、機械工作実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

マイコン制御技術、センサ利用技術、太陽電池利用技術、機械工作技術

製作の目的と概要

 近年、北海道においてもメガソーラーの設置件数が増えてきており、太陽光発電の注目が高まりつつあります。太陽光がパネルに垂直に当たることで最大の発電電力が得られることから、本テーマでは太陽光に対してパネルが常に垂直な状態を維持できるように駆動する装置の設計・製作を目的としています。
 太陽光を追尾する仕組みとしては、光センサ(フォトトランジスタ)を利用しています。具体的には、複数の光センサを設置し、太陽光が斜めから当たると各センサの出力電圧にバラツキが生じることを利用し、それぞれのセンサ出力が均一になるように太陽光パネルの向きを制御しています。
★技能・技術習得目標:
 課題を通して、光センサの利用方法、マイコンのプログラム技術、自然エネルギーを電気エネルギーに効率よく変換する技術を習得します。

成果

 太陽光追尾型発電装置の設計・製作を行いました。完成時は、冬期間であり日照時間が極めて短いことから、模擬太陽光を利用し、装置の動作確認を行いました。
★アピールポイント:
 ポリテックビジョンのときには、科代表の総合制作実習製作品として展示発表を行い、自然エネルギーの有効活用技術や電気エネルギー制御科の内容について、来場者に広くPR活動を行うことができました。
太陽光追尾型発電装置の製作(H25)の画像1
図1 正面図
太陽光追尾型発電装置の製作(H25)の画像2
図2 製作物
太陽光追尾型発電装置の製作(H25)の画像3
図3 光センサ部