大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校 附属青森職業能力開発短期大学校電子情報技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 センサ工学、計測制御工学、マイクロコンピュータ工学、電気電子工学実験、マイクロコンピュータ工学実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

荷重センサとブリッジ回路、計装アンプ、PIC®、システム設計技法

製作の目的と概要

 重石を用いない漬物器がいくつか考案されていますが、これらは荷重の計測表示機能をもたないため、うまく漬からないことがあるという問題がありました。そこで、ストレインゲージ、計装アンプとマイコンシステムで構成される漬物器用の荷重表示装置を開発することにしました。

★技能・技術習得目標:
 本課題を通して、ひずみゲージの原理と特性、高精度計装アンプとマイコンシステムの設計法を習得します。またプリント基板の設計製作、各種性能評価についても学びます。

成果

 16[kg]までの荷重を1%以内の精度で計測表示する回路を開発することができました。



★アピールポイント:
 重石を用いない漬物器の荷重を計測し表示できるようになりました。

漬物器用荷重計測システムの開発(H25)の画像1
図1 漬物器
漬物器用荷重計測システムの開発(H25)の画像2
図2 荷重計測回路
漬物器用荷重計測システムの開発(H25)の画像3
図3 荷重mとその表示値mD