大学校及び設置科 東北職業能力開発大学校 附属秋田職業能力開発短期大学校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 機械設計、CAD設計、機械加工、シーケンス制御実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

MC加工技術、モータ制御技術、PLC入出力配線と制御盤製作、PLCプログラミング

製作の目的と概要

 昨年度は、総合制作実習課題として既存設備の足踏みシャーをレトロフィット化し、駆動部の動力化と自動化に取り組み、一定の成果を上げることができました。今年度は、動力化した足踏みシャーの付属装置として必要な「電動バックゲージ」の機能と構造を近隣工場の設備を見学して調査し、市販の動力シャーと同等な機能を付加することを目標に設計・製作に取り組みました。
★技能・技術習得目標:
 電動バックゲージの設計・製作を通して、機械設計、MC加工、ステッピングモータ制御、PLC制御プログラミング等の知識や技能・技術を習得し、実践技術者に必要な「ものづくり」の技能・技術を身に付けます。

成果

 電動バックゲージの設計・製作を行い、20〜400mmまでのせん断長さをタッチパネルの操作で自在に設定できるようになりました。また、必要な機械操作(手動操作・原点復帰操作・自動位置決め操作)については対話方式で案内する機能を付加して性能の向上を図ることができました。
★アピールポイント:
 タッチパネルの表示画面に従って必要な機械操作を行うことにより、所要なせん断長さを簡単に設定できるようになりました。
足踏みシャーのレトロフィット化(電動バックゲージの設計・製作)(H25)の画像1
図1 電動バックゲージ駆動部
足踏みシャーのレトロフィット化(電動バックゲージの設計・製作)(H25)の画像2
図2 電動バックゲージ
足踏みシャーのレトロフィット化(電動バックゲージの設計・製作)(H25)の画像3
図3 制御部