大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校居住・建築システム技術系
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 木質構造施工・施工管理課題実習、基礎構造物設計実習、施工実験
課題に取り組む推奨段階 応用課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

木質構造建築物の耐震性能の評価、工程管理能力、品質管理能力、安全管理能力、伝統建築物の維持保全

製作の目的と概要

 栃木県は栃木市など蔵の町として土塗り壁を主体とした伝統家屋が多く存在します。伝統家屋の一部は伝統的建築物群保存地区として文化財保護法により保護されており、今後の維持保全方法の確立は急務です。また、東日本大震災により、多くの伝統家屋が損傷を受けており、修繕方法の確立も併せて求められています。そのため、本課題では伝統家屋で使用されている土の物性及び壁のせん断耐力を検証し、補修および維持保全のためのデータの取得を行うことが目標です。
★技能・技術習得目標:
 課題を通して、木質構造建築物の耐震性能の評価方法と伝統建築物の維持保全に関する技術を習得します。

成果

 大壁(土蔵)に関する土壁の性能を明らかにするとともに北関東における土塗り壁の仕様策定に関する希少なデータを取得できました。新建材を活用した壁の補修方法に関する耐震データの取得もできました。
★アピールポイント:
 土蔵壁の耐震要素に関する検証は全国的にも希少であり、本課題で得たデータは既存の伝統家屋修復方法並びに維持保全方法の基礎データとして今後活用されます。また、取り組んだ学生は品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の構造的性能評価方法を習得しています。
土塗り壁の性能に関する研究(H25)の画像1
図1 大壁(土蔵)施工詳細図
土塗り壁の性能に関する研究(H25)の画像2
図2 水平加力試験終了後の破壊形状