大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校 附属千葉職業能力開発短期大学校 成田校生産技術科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 安全衛生、機械加工、測定、材料、力学、設計・製図
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

主に旋盤、フライス盤、マシニングセンタ、ワイヤーカット放電加工機、3次元測定機を使用した機械加工及び測定の技能・技術

製作の目的と概要

 機械加工及び測定の技能・技術の習得を目標としています。減速歯車装置は汎用機械、NC工作機械を使用して製作する部品が多く、技能・技術を向上させる課題に適しています。
★技能・技術習得目標:
 減速歯車装置は、製作する部品点数が多いため期限内に完成させる「スケジュール管理」が重要となります。どのようにスケジュール管理をすれば期限内に完成できるかなど、綿密な打ち合わせが必要となります。
「協調性」や「自分で考え抜く力」の習得を目標としています。

成果

 「平歯車」と「はすば歯車」の両方を加工できたことで、CAD/CAM及びNC工作機械のスキルが大幅に向上しました。また3次元測定機を使用し測定することができたので、製品の精度を確認することができました。目標としていた期日までに成果物を完成させることができました。
★アピールポイント:
 NC工作機械でトラブルが発生しても冷静に対処できます。はすば歯車を製作するにあたりワイヤーカット放電加工機では、U・V軸を使用して加工するため高度な加工技術を身につけることができます。また3次元測定機を使用した倣い測定など、高度な測定技術を身につけることができます。「報告・連絡・相談」を常に心がけています。
2段変速による減速歯車装置の設計・製作(H25)の画像1
図1 3次元モデル
2段変速による減速歯車装置の設計・製作(H25)の画像2
図2 2段変速による減速歯車装置
2段変速による減速歯車装置の設計・製作(H25)の画像3
図3 3次元測定機による歯車の倣い測定