大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校 附属千葉職業能力開発短期大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 センサ工学、自動制御、環境エネルギー工学、制御プログラミング実習、機械加工実習?・?
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

マイコン制御技術、センサ利用技術、機械設計技術、機械加工技術、課題解決能力、コミュニケーション能力

製作の目的と概要

「ものづくり」の楽しさ、奥深さを実感すること、食料の安定供給の一手段として普及しつつある水耕栽培に触れ、環境問題を身近なものとしてとらえるようになること、水耕栽培システムを構成する各要素技術を習得することを目的として、テーマを設定しました。
 野菜を栽培することはもちろん、室内ディスプレイとしても使えるよう見た目も重視したシステムです。
★技能・技術習得目標:
 室内水耕栽培システムの設計・製作を通して、システムの設計・製作及び各要素技術等の総合的な実践力を習得すること、人間力(「コミュニケーション能力」、「やり抜く力」、「課題解決能力」、「考える力」)を養うことを目標とします。

成果

 ショーケースの設計から製作まで自分たちの手で行うことにより、設計・加工に関する技能・知識をより確実なものとして習得するとともに、LED照明の点灯制御,温度のLCD表示などを通して、マイコン制御やセンサ利用に関する技術・知識も習得することができました。水耕栽培のノウハウを得るのに苦労しましたが、納期ギリギリに完成させ、最後までやり抜く粘り強さも身に付けることができました。
★アピールポイント:
 流れる滝が見る人をなごませる室内用水耕栽培装置が完成しました。発展性は非常に高く、次年度はアグリビジネス創出フェアへの出展、JA全農千葉県との連携(共同研究)を目指して、LEDの波長、輝度やショーケース内の温度制御、商用電源での動作などの機能を付加し、完成度を高める予定です。
室内水耕栽培システムの設計・製作(H25)の画像1
図1 サンチュの栽培
室内水耕栽培システムの設計・製作(H25)の画像2
図2 制御システム
室内水耕栽培システムの設計・製作(H25)の画像3
図3 ショーケース