大学校及び設置科 関東職業能力開発大学校 附属千葉職業能力開発短期大学校住居環境科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 構造力学?・?、構造設計?、建築施工、建築施工実習?
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

課題の製作を通して、鋼材および木造耐力壁の加工・施工技術を習得します。

製作の目的と概要

 近年、いくつかの能開大および能開短大の建築系において、木造耐力壁の性能を競う競技会に出場し、優秀な成績をおさめています。この競技会への参加および同様の競技会を自主開催することは、学生の「ものづくり」への意欲を向上させるよい機会ととらえ、本校における最初の取り組みとして、現有の万能試験機による木造耐力壁の性能試験を行うための着想から治具の製作まで行いました。
★技能・技術習得目標:
 万能試験機を用いて木造耐力壁の性能実験を行えるようにするための着想力および治具としての機能を満たすための設計・加工技術の習得を目標としています。

成果

 本校の万能試験機および製作した治具に設置することのできる試験体のサイズは、競技会で要求されているサイズの1/2ですが、様々な試験体における相対的な耐力の比較や破壊の性状を把握することができるようになり、学生の「ものづくり」への意欲を向上させる環境を整える目的は達成できたのではないかと考えます。
また、治具の製作および治具としての機能を有するかどうかを検証するための耐力壁を製作する事によって木工機械や手工具等の取扱い技術、作業工程を管理する能力も向上したと考えます。
★アピールポイント:
 本来、面内せん断試験機を利用して行われる性能試験ですが、知恵を出し、工夫することによって、ある程度評価できる実験に取り組む事が可能であることを証明できました。
木造耐力壁実験用治具の製作(H25)の画像1
図1 冶具(初期案)
木造耐力壁実験用治具の製作(H25)の画像2
図2 冶具(2期案)
木造耐力壁実験用治具の製作(H25)の画像3
図3 冶具(最終案)