大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 シーケンス制御、電子回路工学?、?、電気機器学?、?
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

シーケンス制御、機械工作、CAD、制御プログラミング

製作の目的と概要

 ものづくりの流れとしての「コンセプト」「実験」「設計」「試作」「改良」「本作」を押さえ、手順を理解することを目的としました。
製作する題材はロボットアームとしました。アームの複雑な動きはマスター・スレーブ方式で制御し、子どもが簡単に遊べるアミューズメント機器として完成させることにしました。実験ではサーボモータの制御プログラミングを作り、設計では機器の大きさ、構造などを考慮し、操作性では文化祭で試作機を実際に子供たちに使ってもらった感想を反映させました。
★技能・技術習得目標:
 「自動化設計」の考え方、「部品」の加工精度、「組立」の調節調整、「制御」のプログラミングについて、実体験するとともに、納期管理の重要性を認識します。

成果

 初期コンセプトをほぼ達成するアミューズメント機器を製作することができました。
実験からサーボモータの特性を理解し、それを活かしたロボットアームの設計ができ、「試作」、「テスト運転」、「改良」と一連の流れを学ぶことができました。
★アピールポイント:
 作成したアミューズメント機器には以下のような特徴を持たせることができました。
 ?大きさは可搬性を兼ね備え、机の上に置くことでどこでも設置することができます。
 ?操作は試作機運転の意見を取り入れ、シンプルで子供でも簡単に操作できます。
ロボットアームを使ったアミューズメント機器の設計・製作(H25)の画像1
図1 制御システム図
ロボットアームを使ったアミューズメント機器の設計・製作(H25)の画像2
図2 フローチャート図
ロボットアームを使ったアミューズメント機器の設計・製作(H25)の画像3
図3 システム全体図