大学校及び設置科 北陸職業能力開発大学校 附属新潟職業能力開発短期大学校住居環境科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 建築施工実習?、インテリア施工実習、建築史、建築構法、基礎製図、CAD実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

木材加工技術、茶室に関する歴史及び知識、図面作成技術、CAD技術

製作の目的と概要

 本短大のある新発田市は、歴代藩主が茶道に力を入れていたこともあり、茶道が大変盛んな土地柄です。また、清水園や五十公野御茶屋など茶道文化を支える庭園や建築物も数多く存在します。本実習テーマでは組立式茶室の製作を通して、日本の伝統建築に関する理解を深め、大工技術の向上を図り、もの造りに必要な素養を身につけることを目的としました。
★技能・技術習得目標:
 茶室を製作することで、木造建築に関する知識を深めると共に大工技能の向上を目指します。また、組み立て式とする為の工夫を行うことで、ものづくりに関する実践力を身につけます。

成果

 雰囲気のある組み立て式茶室をつくることが出来ました。大型のワゴン車1台で運搬が可能です。組み立てには2人で40分程度要します。今後イベント等で活用する予定です。

★アピールポイント:
 平成25年度ポリテックビジョン総合制作実習発表会において最優秀賞受賞しました。また、JIA新潟県内卒業設計コンクールに出展し特別賞を受賞しました。
組み立て式茶室の製作(H25)の画像1
図1 製作の様子
組み立て式茶室の製作(H25)の画像2
図2 組立の様子
組み立て式茶室の製作(H25)の画像3
図3 JIA新潟県卒業設計コンペ