大学校及び設置科 東海職業能力開発大学校電気エネルギー制御科
課題実習の前提となる科目または知識、技能・技術 シーケンス回路実習、シーケンス制御実習(?・?)、FAシステム実習、インターフェース実習
課題に取り組む推奨段階 専門課程2年
課題によって養成する知識、技能・技術

位置決め制御技術、空気圧制御技術、センサ技術、制御盤製作技術

製作の目的と概要

 リレー制御盤に替わる制御装置として開発されたプラグラマブル・ロジック・コントローラ(PLC)は、近年、自動化生産システムにおいて重要な制御機器となりました。この知識は生産現場を支える技術者に必要であると思われます。
本課題では、PLCを利用した迷路を自動でクリアする制御機器を製作することにより、位置決め制御技術および、プログラミング手法の習得を目的とします。
★技能・技術習得目標:
 課題を通して、センサ、アクチュエータなどの周辺機器の利用技術および、PLCのプログラミング手法を習得します。

成果

 周辺FA機器からの情報をPLCに集約して、位置決め制御により自動で迷路を脱出する機器を製作しました。手動モードではアーケードゲームで見られるスティック型のコントローラによりアクチュエータを操作して遊べるイライラ棒ゲーム機能を加えました。
★アピールポイント:
 ポリテックビジョンのときには、自動モードで迷路の遊戯方法を解説し、次に来場者にイライラ棒ゲームとして楽しんで頂くことができました。
PLCを利用した制御機器の製作 〜Irritating Bar Game〜(H25)の画像1
図1 システムの構成図
PLCを利用した制御機器の製作 〜Irritating Bar Game〜(H25)の画像2
図2 迷路の外観